上智大学応用データサイエンス学位プログラムと日本電信電話株式会社NTT人間情報研究所は、実課題の解決に向けた一連のプロセス(ユースケースの選定、データ収集方法、機械学習タスク・手法・評価指標の選定、分析、予測)を自ら設計・実行できるようになることを目標とした「機械学習実践」を開講します。

非常勤講師として、NTT人間情報研究所特別研究員の倉島健氏と、研究主任の山本修平氏を迎え、機械学習技術に関する基本的事項から、それを実課題に活用するプロセス等を演習中心の授業で行うことで、機械学習技術を活用して課題解決を行う感覚を養う授業を展開します。

NTT人間情報研究所は、人を中心とし、人の能力を最大限に活かすICTの研究開発を通して、新たな価値を創造し豊かな社会の実現を目指しています。また、当取組を含め、様々な教育機関との連携によりICTによる教育分野の発展とDX人材の育成にも注力しています。 https://www.rd.ntt/hil/